■電気コード しつけ方
2005年03月

コードを噛むのは、ウサギ飼いの悩みの種です。
我が家のレモンも、ウサギの習慣にちゃんと従い
手当たり次第コードを噛んでいました。
私は、何度も何度もしつけを試みました。

結果から申し上げます!

何度も教えれば「悪い事なんだ」と理解してくれたんです!

えらいぞ!レモン!

方法は簡単でした。
噛むのを手伝ってあげたんです♪



むかーし、むかし
ウサギのレモンさんは
お部屋の中に入れてもらい
それはそれは楽しく遊んでおりました。

そこへ、おいしそーな電気コードが
ブーラリン、ブーラリン
と、たれさがっていました。

電気コードを見てレモンさんは
「これは美味しそうな電気コードだ」
と、電気コードをかじってみました、

レモンさんが、おいしくコードをかじっていると
むこうから、ハマさんがやって来ました。

 「レモンさん、何やってるの?」
と、ハマさんはたずねました。

レモンさんは、コードをかじりながら答えました
 「このコードをかじってるんだよ」

それを聞いたハマさんは、こう言いました
 「じゃあ、僕が手伝ってあげるね」
親切なハマさんは、
レモンさんのお口に、電気コードをいーっぱい入れてくれました。

お口の奥まで電気コードを入れたレモンさんは
苦しくなって噛むのを止めてしまいました

ハマさんは満面の笑みを浮かべて言いました。
 「ひどい目にあったね♪」
レモンさんは電気コードから手を放し
 「これって怖いんだね」
と言いました。

めでたしめでたし


次の日、ウサギのレモンさんは、
また、お部屋の中に入れてもらい
それはそれは楽しく遊んでおりました。

そこへ、おいしそーな別の電気コードが
ブーラリン、ブーラリン



今では、
電気コードを噛んでいる最中に私の姿を見ると
だんだん耳がたおれてきて
そして噛むのを止め

現場から逃走します。

現行犯じゃないと私が叱らないと、よーく理解しています・・・
普段なら私の姿を見たら走って寄って来るのに・・・

ダメだとわかっていても
病み付きになっちゃって止めれないみたいです・・・

えっ、私は一度も「噛まなくなった」と言ってませんよ


レモン「ねぇ、この電気コード噛んでいい?」

電気コードのしつけは、まだまだ続きそうです。

inserted by FC2 system